第17話〜20話に登場したデスガリアンのプレイヤーまとめ

デスガリアンはジニスをトップに、秘書のナリア。
その下にチームリーダーのアザルドとクバル、そして1話で殉職したジャグドがいます。

その下にプレイヤーというのがいるのですが、
今まで登場した各チームのプレイヤーにはどのようなキャラがいたのでしょうか?
17話〜20話のプレイヤーをまとめてみました。




●トランパス

DSC_0607.JPG

第17〜18話に登場。

身長199センチ、体重179kg
※コンテニュー時 身長39.8m 体重358t

チームクバルに属するプレイヤーであり、その名の通りトランプのルールを武器に戦います。
チームクバル切っての多彩な技の持ち主です。

代表技は、トランプカードを額にくっつけてシャッフルし、同じ柄の者同士が出会うと電撃を食らってしまう「神経衰弱である」。

巨大なカードボックスに人を閉じ込めて、パートナーに当たりのないカードを引かせ、爆発させる「ババ抜きである」が得意。

狡猾であり、ずる賢く、陰湿。
ザワールドに助けられたため、2話にわたって活躍しました。

強力な風を起こせる扇子、トラセンスも武器としています。

弱点はハート。
ザワールドが登場しなければ、比較的すぐにやられたキャラクターでしょうね。


●ボウリンゲン

DSC_0588.JPG


チームアザルドに所属。
身長201センチ 体重181kg

※コンティニュー時 身長40.2m 体重362t

プロボウラー級の腕前であり、どんなピンでも弾き飛ばすことができます。
腹部にピンセットフラッシュがあり、それを浴びたものは強制的にピンにさせられます。

そしてボウリンゲン自らがボールとなって弾き飛ばす技「ゴロロローン、ストライク!」が得意技です。

マラカスのようにシェイクしている、ボウリングピン型のカコーンボウで武装しています。

劇中では非常に頭が悪そうで、ジュウオウジャーにあっという間にやられそうでした。
アザルドは、こいつならジュウオウジャーを倒せる!と思っていたのでしょうか?

ザワールドが助けたおかげで、2話にわたって活躍していました。


posted by 動物戦隊ジュウオウジャー 好きなのね at 11:15 | デスガリアン キャラ設定