どうしてもやり遂げなきゃいけないのに
やる気など出ず嫌になる

訳もわからないのに疲れるのはなんでだ?

夕暮れの町並み.jpg
札幌市 ホテルの一室から

それは自分に鞭打ってるから
休みたがってる体を無理やり起こして「頑張らなきゃ」なんて思ってるからだ

あるいは昨日と何も変わらない日々に飽き飽きしているからだ

大人は少なからずそう
けれど、悲しいかなそんなふうに仕上げた仕事は

ほとんど成果をもたらさない

あまりにも身近に疲れないプロがいることに気がついた
それが5歳の息子
子供のエネルギー.jpg
洞爺湖町 噴水公園にて

なんでいつも元気で、明るくてエネルギッシュなんだろう

それはいつも何かに夢中だからだ
楽しみを見つけたら、一瞬にしてその世界へ入り込む

好奇心は人を老いさせない
感動しながら生きている子供って、だからこそ人を感動させることができるんだな

ゆえに感動しながらの仕事は、疲れずに人を感動させることができるだろう

だから、子供のする遊びに大人の固定概念を押し付けないようにしよう
ありきたりの常識を埋め込まないように

そして観察してみよう

彼は進化をすべく遊んでいることに気が付く
その遊びこそが疲れない秘訣

疲れないで成果を出したいなら、見習うべきは子供