忙しかったり、追い込まれたりすると
疎かになるのが自分の身体のケア

努力、根性を掲げて突っ走ってしまいがちだ
すると身体がまいってしまう


いかなる結果も
自分の身体なしには出せない
IMG_4794.JPG

だから決してないがしろにできない
重要視する人は少ないけれど


身体を大切にするとはいっても別に大したことをするわけじゃない
自分の肩を叩いて、よくやった!と褒めてあげよう


頑張ってくれた身体をさすって感謝を告げよう
身体は頑張ってくれる

自分のもののようで、実は身体は自分のものじゃない
だって、自分の意思に関係なく臓器は動いているし、いつかは身体はなくなるから

一時的に預かっているもの
大切に使い、能力のすべてを引き出せるように使おう

どうせ生きるのなら



タグ