カテゴリ:本当に大切なこと

  • 後悔を断ち切る
    本当に大切なこと

    人は必ず間違ういままで正解ばかり選んできた人間などいないそもそも、正解がないそんなことはわかってるはずなのにあまりに人を傷つけてしまったと後悔する日もある僕だってそう札幌市 清田高校グラウンド大した…

    記事を読む

  • バイクのくれた贈り物
    本当に大切なこと

    社会人になって、それなりに揉まれつつも不自由のない暮らしずっと欲しかったバイクも手に入れてずっとやりたかったロングツーリングも実現できたなのに虚しいだからバイクで何度も遠出しては、道具を揃えてキャン…

    記事を読む

後悔を断ち切る

人は必ず間違う
いままで正解ばかり選んできた人間などいない

そもそも、正解がない

そんなことはわかってるはずなのに

あまりに人を傷つけてしまったと後悔する日もある
僕だってそう

水たまり.jpg
札幌市 清田高校グラウンド

大した能力もないくせに高慢だった
恥をばら撒いて生きていた

それゆえ大切だったはずの人たちを傷つけて失望させた

勘違いがもたらした大失態だ

傷つけた人たちに顔向けできなくて
自分をどこかで責めていた

ふと、頭に浮かぶ

「ああ、どうせ後ろ指差されてんだろう」
「どうしてあんなに迷惑かけて、自分はのうのうと生きているんだろう」

そんな感情が出てきて仕事も何も手につかなくなっていた
どうしてこんな自分で生きていかなければならないのだろう

もっといい人間ならいいのに、と。

でもどう足掻いても、誰かになれるわけじゃなく自分で生きていくしかない
過ちは認めるんだ

けれど後悔、反省なんてしなくていい
自分を責めていると能力が出せなくなる


反省する暇があるなら、新しいことを習得するんだ
そして人の役に立てばいいだけの話
それに、人はそれほど人のことを考えてもいない。

だから自分のしてしまった失敗は、それほど人は覚えても責めてもいないんだよね


それでも問題に囚われているならば、打開する策は視野を広げること
大丈夫、実は問題に感じていることは大したことじゃないよ
希望が射すような空.jpg
札幌市 清田区

自分が悩んだことは、すでに誰かが悩み、解決したこと
孤独に思えても、実はひとりじゃない


バイクのくれた贈り物

社会人になって、それなりに揉まれつつも不自由のない暮らし
ずっと欲しかったバイクも手に入れて

ずっとやりたかったロングツーリングも実現できた
なのに虚しい

だからバイクで何度も遠出しては、道具を揃えてキャンプツーリングにも行ってみた
でも持ち帰るのは虚しさ

どうしてだ?
なんで楽しくないんだ?夢中になれないんだ?


ゆうやけ.jpg
北海道 江別市 5月 国道12号線から

目の前に広がる景色が、確かに否定しようもなく綺麗なのに

時に12時間以上運転したりして、虚しさを振り切るように走った
でも虚しさはまつわりつく

そんな数ヶ月

そこで、運転中に考えることを変えた
ただ友人の幸せを願うようにした

すると、少しだけ心が軽かった
だからもっと人の幸せを願うようにした
安息にも似た感覚

人とは、自分のことばかり考えると弱くなるものなのか
これは貴重なサイン

自分が頭だけで幸せを思い描くよりも、確かなサイン

なぜヒーローと呼ばれる人たちは人の幸せを願うのか、少しだけわかった気がした
人は助け合うようにできているんだな

これがバイクのくれた贈り物

>なぜ、簡単にうまくいく人と常にうまくいかない人がいるの?その秘密
最近の記事
カテゴリ
Copyright © 弱さを抱えながらも前へ進むあなたへ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます