記事一覧

なぜ、うまくいく人といかない人がいる?

何故、ある人は簡単に成功して、
ある人はいくら頑張っても成功しないんだろう?

何故、ある人は環境に関係なくお金持ちになって、ある人は貧乏になるんだろう?

何故、ある人はたくさんの人に好かれて、
ある人は嫌われるんだろう?
飛び去る飛行機.jpg
苫小牧市 冬のウトナイ湖

いくら努力しても、前向きになっても
ある事を知らないために、いつも達成できない

そんなのあまりにもったいない

1950年代、当時世界的に有名だった、
形成外科医のDrモルツ博士

彼はこれらの違いは、“セルフイメージ”から来ている
という発見をした

セルフイメージってのはいわば自分のイメージだ
それが悪ければ、いくら努力しても失敗する

セルフイメージが高ければ、大して苦労も感じずにうまくいく


その発見は、サイコ・サイバネティクス
という作品にまとめられ、
「心理学史上最大の発見」と呼ばれた


サイコ・サイバネティクスは、
全世界で3500万人が体験し、多くの著名人にも影響を与えた。


・フランクリン・ルーズベルト元米国大統領
・エレノア・ルーズベルト夫人
・画家、サルバドーレ・ダリ
・ジム・ブラウン(偉大なNFLランニングバック)
・メジャーリーグ選手、NBAのスーパースター選手、多数
・自己啓発の大家、ジグ・ジグラー
・全米トップクラスのパフォーマンスコーチ、リーミルティア
・こころのチキンスープ著者、マーク・ビクターハンセン
・世界No1コーチ、アンソニー・ロビンス
・億万長者メーカー、ダン・ケネディ


などなど、、、


もし、これらの著名人たちと、
同じマインドセットをあなたが持つことができたら、
あなたのビジネスは、仕事は、
プライベートはどうなる?

本当に変われる、輝ける自分になる方法は、先人たちが示してくれている
別に、手に取る必要はないよ

けれど、昨日と同じ日々が嫌ならやってみるといいと思うよ
セルフイメージを変えるとことは難しいことじゃなく、やるか、やらないかだけだよ

>セルフイメージを上げる方法


頭を柔らかくしていこう

頑固はやめとこう
人の話を聞けなくなるから

それに、ぶつかると割れてしまうからね

柔軟でいよう
だからいつもと少しだけ違う選択をしてみる
例えば雨の日に、あえて散歩をしてみるような、ほんの小さなこと

雨粒とまど.jpg

気が付けばつまらない選択ばかりする
昨日と同じ一日を送りたがるのが人間であり、脳だ


だから少しだけ昨日と違うことをしてみよう
少しだけがいい
大きな変化だと、脳がブレーキをかけてしまうから

少しずつの変化の先には驚くべき未来が広がっているかもしれない

雨の散歩で気が付くことは
花々は雨にも映えるということ

雨のニオイが優しいということ
雨の音が耳に心地よいということ


天気予報は、よく雨だ猛暑だと天気を悪者にするけれど
自分の五感を活かせば雨が恵みだと実感できる

感謝が湧いてくるから、天気の悪口なんて出てこない
異常気象と人は言うけれど、天気予報が悪口やめればなくなるんじゃないかな、なんてね


決めつけずに、好奇心で楽しむことこそ
生きる上で大切なこと

そんなふうに色んな見方ができたらいい
人も、物事も

それが頭の柔らかさ
>なぜ、簡単にうまくいく人と常にうまくいかない人がいるの?その秘密
最近の記事
カテゴリ
Copyright © 弱さを抱えながらも前へ進むあなたへ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます